みちてる、みちてた。

ここにいるのにここがどこだかわからなくなるから、書き留めています。Twitter→(@yoshi_mi24)

母と私の間には、去年と異なる溝がある。


f:id:yoshimi24h:20201221193858j:image

【📍こちらはブログのトップ記事として固定しております】

 

 

 こんにちは。

 2020年12月19日より他媒体から「はてなブログ」へ移行してきた、芳−hana−といいます。

 

 主に日常の出来事やそのときに感じたこと、持病についてや本の感想などをこれまでアップしてきました。こちらでも同様に、日々の記録を書き留めていけたらと思っています。

 

*****

 

 「はてなブログ」へ移行するにあたっては、自分が前媒体で掲載してきた記事に改めて目を通してみました。その中でも気になったというか、心に引っかかった記事があるのです。それは、自己紹介文として載せていた下記のもの。

 

yoshi-mi.hatenablog.com

 

 これの何が引っかかったのかといえば、記事をアップした昨年2019年11月時点と2020年現在における感覚の“溝”というか、綺麗な話としてまとめようとしているところに違和感を覚えたのです。

 不登校精神疾患のくだりにではなく、タイトルにまで表記している母との関係性に対して……。

 

「私はもう大丈夫」

 

 母にそう言えるような人間になりたい。

しかしその一方で、常々抱えてきたのは、、、

 

──私は母より幸せになっていいの?

 

 という疑問。

 

 母としての面だけではなく妻としての面でも大変な道を歩んできた彼女だから、同情してしまう部分があるのです。自分のことは棚に上げて「可哀想なひと」という目で母をとらえている自分に気づいたとき、おのれの醜さを知りました。同時に家族へ他人に向けるような猜疑心を抱くことがある自分にも。そしてそれは今に始まった話ではなく、幼いころに芽生え始めたものだから、思っている以上に私の中で根深い問題になっていたんだな……と母と一緒にいる時間が増した今年になってわかったのです。

 

*****

 

 もう30過ぎた大人なんだし、「家族が」「親が」とこだわる必要はないのかもしれません。

 だけどお互いに傷つけあって支え合ってきた時間を共有しすぎたぶん、「借りがある」みたいな負い目でさらに複雑な気分になっていくのです。

 

 私がいなければ母はもう少しラクに生きられたのかもしれない。私が生まれてきたことが我が家の「負」にあたるのかもしれない。私がいなければ、私がいなければ、私がいなければ──。

 

 軽口をたたいてるだけであっても、深く傷ついてしまう。まるで他人に言われたかのように、血の通わない冷酷な言葉に聞こえる。そんな記憶はたどれば幼いころからあって、どこへ行けば心から安心できて大の字になり眠れる場所があるのか、これからもずっと探し続けるのかもしれません。

 

*****

 

 っていうか、おい。

 移行後にはじめてアップする文章がこんなに重くていいのかっ((((;゚Д゚))))⁉

 すみません。目にして憂鬱になった方々、すみません。

 

 でもブログを掲載する媒体を変えようと決めたのは、こういった根っこにある部分を吐き出したいと思ったからです。

 自分を客観的に見るのは難しいことですが、一度その場で作り上げた空気を崩さなければ書けないような気がしました。

 

 もちろん、毎回重い話題を綴っていくつもりはありません。花の写真を撮るのが好き♡という可愛らしい趣味だってあるんですよ₍₍ ◝( ゚∀ ゚ )◟ ⁾⁾テヘッ

 

 さあて、今年も残すところ約2週間!

 来年に残したくないものは、ビリビリ破って捨てていこう。

 

涙テイスト

 

 朝は小雨が降っていた。

 それが午後は嘘みたいに晴れてきて。

 ほんのちょっと散歩に出かけた。


f:id:yoshimi24h:20211010203449j:image

 

 青空を見ると、

 

(今日は)いい天気だから

余計に切なくなるんだ

 

 って歌詞を思い出し、歌詞通り切なくなる。

 

 HKT48の「桜、みんなで食べた」。

 好きなんだ。

 実はHKT48をよく知らないまま、ライブを観に行ったことがあって。その日以降、この歌が耳に焼きついているの。

 


www.youtube.com

 

 楽しい思い出は、振り返ると切ないね。

 「悲しい」でも「苦しい」でもなく、「切なくなるんだ」。

 ホント、「涙テイスト」。

 

受け入れてもらえる場所。


 こんにちは。


 前回の記事を更新してから、2週間ちょっと日にちが空いてしまった。


 以前このブログにも書いた、見学&体験をさせてもらった就労継続支援B型事業所。

 そちらへの通所手続きを一通り終え、今回正式に利用する運びとなった。


yoshi-mi.hatenablog.com



 障害福祉サービスを利用するのははじめてだ。

 体調がよくなったら、就職する。

 心療内科に通い始めてからは、それしか考えてこなかった。というかそもそも、福祉サービスなるものがあること、それを自分も利用できることが今回の流れではじめてわかった。


*****


 福祉サービスに含まれる、就労支援の形ははいくつかある。


 今回私が利用させてもらった「就労継続支援」には「A型」と「B型」があり、どちらも障害や難病などにより一般企業への就労が困難だったり不安があったりする方が対象になっている。


 では、「A型」と「B型」では何が異なり分けられているのか。

 障害福祉サービスの内容 |厚生労働省の解説にはこうあるが、少々お硬い文章なので、以前もリンクを貼らせてもらったお気に入りのサイトから引用させていただきます。⬇


「A型」は、利用者が事業者と雇用契約を結びながら働き、原則として最低賃金以上の賃金が支払われます。業務内容は一般的な会社とほとんど変わらず、雇用条件によっては社会保険なども適用されます。一方、「B型」は雇用契約を結ばずに、給料や賃金ではなく工賃(手当)を受け取りながら働きます。


ドコモ・プラスハーティの障害者情報サイト「ハーティサロン」より引用

plushearty-salon.com


 なお、これらの障害福祉サービスを利用するにあたっては、お近くの相談支援事業所等で「サービス等支援計画書」を作成してもらい、役所の担当者と面談をする必要がある。

 そのうえでサービス支給の要否が審査され、「要」と判定されると後日「受給者証」が届き、正式に通所できるという流れだ。


 結構忙しい。。。


*****


 私は毎日通所しているわけではないし、短い作業時間からスタートさせている。

 それでも、帰宅後は疲れてバタッと眠ってしまう。翌日も疲れを引きずるくらい、「通う」ことと「集団の中に入っていく」ことへのプレッシャーが全身を駆け巡っているのだろう。


 事業所の雰囲気は嫌いではない。むしろ、職員さんが優しくて泣けてくる。受け入れてもらえる場所があり嬉しいしありがたい。

 そんな場所であっても、家を出るまでの時間は緊張感との闘いがある。胸のドキドキが止まらず、喉まで込み上げてくる不安の塊がいくら唾を飲み込んでも下に流れていかないのだ。


 通所日数や時間は途中から増やすことが可能だが、今の時点ではまったく増やせる気がしない。「就労」は果てしなく遠く、いや、もう一般企業に就職できるとも思っていない。


 通ううちに、気持ちに変化はあらわれるのだろうか。少しでもドキドキや不安の塊が小さくなるのだろうか。

 未来の私にしかわらない。


 相変わらず金銭面の不安が、「虚無」を誘う。

 ただいま私は家の中の大規模断捨離を黙々と進めている。

 そして先日、過去の地獄の欠片を見つけてしまった。



 恐ろしかった。

 すべて破り捨てたことで、呪いから解かれたと信じたい。

 

 ✽ちなみに、こういったものも見つけた。


 この件についても、いつかここに記し残したいと思っている。


*****


 これからの私には、何ができるだろう。

 先のことは未来の私しかまだ知らない。


 とにかく今は、受け入れてもらえる場所、通うのを許される場所があることに感謝している。







 

夏のような日差しに、プールサイドの少女が脳裏に浮かぶ。

 9月も下旬に入る。

 吹く風の心地よさや、それに運ばれてくる金木犀の香りに季節の移ろいを体感していたかと思えば、額に汗かく夏の日差しが戻ってきた。

 

 玄関の外、頭にキャップをかぶせ何気なしに空を見上げたとき、プールサイドで真夏の太陽を背にこちらを振り向く少女の姿が脳裏に浮かんだ。

 

 それは燃え殻さんの小説『これはただの夏』に出てくる一場面を切り取った映像だった。

 

*****

 

 8月中に読んだ同小説。

 読み終えた直後の余韻に浸るなか、

 

 

 

 と感想にもなっていないつぶやきを残したままにしていた。

 

 面白った。とても。

 だけど、「面白い」というより「愛しい」のほうが感想として近かった。駆け抜けていった夏が、主人公のボクが明菜が優香が大関がとても愛しくなる物語だった。

 

*****

 

 あんなに濃密な時間を過ごしたのに。

 「まるで家族みたい」に共有したのに。

 「みたい」だけがぽつんと残されて。

 さびしさの穴は出会う前も後も変わらず胸に空いたまま。

 しかし「あの夏の続きを」とは誰が申し出ることもないのだろう。

 さびしさの穴は出会う前も後も変わらず胸に空いたままではあるけれど、美しい夏。プールサイドでこちらを振り返る明菜は格段に、涙が出るほど眩しい。

 

 

 また感想になってもいないような文になっている……。

 

*****

 

 明日から気温が下がり、夏が遠ざかるスピードは加速していくと思いますが、燃え殻さんの『これはただの夏』、冬になってもおすすめしたい小説です。

 

 

 

 

もう死ぬしかない、なんてことはない。

 こんばんは。

 昨夜まで「もう死ぬしかない」と追いつめられていたのに、翌日には「こんばんは」を言えてしまうこの気の変わりよう。ねえ、どう思います?

 

*****

 

 なぜ「もう死ぬしかない」と追いつめられていたかといえば、現在抱えている問題を一つひとつ解決していったとしても「あ?」っていう「虚」の世界が延々と続いているだけとしか思えなかったからだ。

 

 脱ひきこもり(まずは事業所通いからスタート中)、母親の体調、家族それぞれの生活環境改善、金欠、大規模断捨離、日々の家事諸々……etc.➡これらは解決していきたい、または解決すべきことである。

 加えて、読書、勉強、散歩(の途中で写真を撮ったり、猫を見つけたり)、絵を描く……etc.➡これらは私が個人的にやりたいことである。

 

 解決したいことと個人的にやりたいことのどちらにも少しずつ手をつけていたものの、なんだろう。ちょっと疲れていたせいもある。一昨日の夜、ヤバイと感じた。

 火曜日のカウンセリングで心理士さんに話したい内容を考え紙に書き出していたら、「あ、これはアカンやつ。。。」って薄々自覚しているにもかかわらずマイナス面にしか目が向かなくなってしまったのだ。

 

 すべてを一気に解決しなければ破綻する、と焦り息苦しくなった。

 これまでに幾度と破綻スレスレの道を通ってきたけれど、今回ばかりは通過できずに家族もろとも穴へ落ちてしまうと思った。

 

 そして一番は、「すべてを解決したからって何なの?」と解決する意義やそのときに得られる達成感を想像できなかったのが大きい。

 「虚」で支配してくるのは、今目の前に転がっている問題たちではない。過去に解決しようと立ち上がって、膝から崩れていった無力感だ。

 この無力感は、学校でも会社でも挫折を繰り返す私自身が作り上げたものであり、こちらの給料や貯金をいくら借金返済に回しても金銭面にダラしない父親が作り上げたものでもある。

 

*****

 

 だけど、この文章を書いていて矛盾に気づいた。

 私自身が作り上げた無力感をどうにかしたくて、私はカウンセリングへ通っているのでは?

 立ち上がった足を無下にするのはやめにしたい。立ち上がるにしても、違う立ち上がり方がや進み方があるのだと思う。

 やっべえ、ホントにこの文章書いてて気づいた。書いてみるもんだぜ、まったく。

 

 父親が作り上げた無力感は……、ちょっとどうやって打破したらいいのかわかりません。

 一度も「ありがとう」をもらえなかった。一度くらい言ってほしかったな。稼ぐようになるまでは迷惑っていうか、父にとって私は厄介に見えたのかもしれないけど。

 

 でなくても、「お母さんにくらいは言えや!!」と諭す隙もなく急変して逝ってしまった。

 いや、諭す勇気なんてそもそもなかった。私が年収5億稼いでいたら強気に出られただろう。何度も書いた気するし、一度しか書いていない気もするけれど、私は父にそっくりな性格・気質なのだ。ゆえに突出している部分でもなければ、文句を言う勇気はなかった。一回だけすごく冷たい言葉を投げつけてしまった場面はあったよ。まあ、一回だけね。一回だけ……。

 

*****

 

 追いつめられているときって、どんな言葉も響かない。響かせたくない。なのに、誰か響かせてくれよ! ってこれまた矛盾したことを願っている。

 

 昨夜はいつもより多めに安定剤を飲んだ。

 結局薬に頼ってしまった。

 しかし頼ったおかげで響いた言葉があった。服用するのが遅かったら、きっと聞き流していた。

 ありがとう。

 

 そして、今日がとても楽しい日になった。

 ありがとう。

 本当にありがとう。

 

 極端に揺れ動く私は、懲りずに「もう死ぬしかない」と暗闇のなか布団をかぶり目を閉じるだろう。

 

 忘れないうちに書いておく。

 

 今日がとても楽しい日になったよ。

 ありがとう。

 

 

 

 

秋空の下、てくてく。


f:id:yoshimi24h:20210920173126j:image

うんと背伸びして、そのうえ手も伸ばしてパシャッ。



f:id:yoshimi24h:20210920173215j:image

下から眺めたら、太陽も一緒に写ってくれた。



f:id:yoshimi24h:20210920173703j:image

なんて小さく繊細なの。



f:id:yoshimi24h:20210920173721j:image

かわいい。



f:id:yoshimi24h:20210920173735j:image

気に入っちゃって2枚載せる。



f:id:yoshimi24h:20210920173753j:image

こんにちは!って挨拶したくなる。



f:id:yoshimi24h:20210920173816j:image

花火みたい。



f:id:yoshimi24h:20210920173831j:image

実り。



f:id:yoshimi24h:20210920173847j:image

トトロが傘にしてた葉っぱかな。



以上、秋空の下にある風景でした。