みちてる、みちてた。

ここにいるのにここがどこだかわからなくなるから、書き留めています。Twitter→(@yoshi_mi24)

満たされ、欠ける。

年が明け1月の1週目から、2ヶ月ちょっとお休みしていた福祉作業所への通所を再開した。 言い表しようのない緊張、不安、恐怖………やはりそれに「慣れる」感覚は訪れない気がする。 作業をしているときは辛うじて気を紛らわせられても、朝室内に入る瞬間や始業…

コイントスからの渋谷。

急遽、お昼から渋谷へ行ってきた。 もう行くことはないと思っていたけど、重い腰を上げるきっかけが出来たからだ。 渋谷へ行く行かないで迷っている。なんせ「オウマガトキFILM✕伊藤潤二」グッズの受注受付が明日までなんだもん(;_;)オンラインで申し込んで…

「悔しさ」がこんなに尾を引くのは、人に関心がある証でもあるのか。

ブログの投稿の仕方を忘れてしまったわけではない。 最後の更新が10/31で止まっているのを頭の隅で意識しながら、文字にする気力がまるでなかった。 ✽✽✽✽✽ こんにちは、久しぶり、芳-hana-さん……私のブログ。 前回上野まで出向きながら、休室日で入れなかっ…

上野奇行(仮)

上野へ行ってきた。 今月初旬以来更新していなかったブログ。月末に「上野へ行ってきた」と打ち込むなどとは、初旬の私も想像していなかっただろう。 現在、福祉作業所を長期(予定)で休んでいる。 これも想像していなかった。 何が起こるかわからない。諸…

行き着く先はもうない、なんて思うものか。

こんばんは。 またまた、前回の更新からなんやかんやあり孤独の極みの只中にいます。 自分が最終的に行き着く先って、今いる場所しかないと思っていた。 結局どこへ行っても同じ壁がはだかり、私はそれを乗り越えるよりも壁の影に隠れて周りからの死角に佇む…

#dawn813

こんばんは。 最後にブログを更新したのは、8/28。 なんやかんやてんやわんやあっての、8/28。 メンタルが崩壊していたのは、6〜7月にも記している。 yoshi-mi.hatenablog.com yoshi-mi.hatenablog.com 福祉作業所での昼休憩が苦痛だといった内容なのだけれ…

もういいよ。

秋の虫の音が響く夜。 いかがおすごしですか? 5〜6月くらいからメンタルが崩れ……最近、ホントここ1週間くらいの話。本音が涙と共に口から出てくるようになった私は、診断されている「うつ病、ADHD」よりも根本的に悩まされているのは「アダルトチルドレン」…

伝えてみよう。

今週月曜日の出来事。 通っている福祉作業所で、耳栓orイヤーマフor音楽聴きながら作業しても大丈夫か訊いてみたい。でも、気になるのは雑音より会話だからそれって完全に遮断できないだろうなと思う。ちなみに昨日、作業室の会話と自分の存在に対する羞恥心…

続・大規模断捨離への道〜後編〜

またしても時が流れてしまった。 大規模断捨離の再開を前回記したのは、7月19日。しかもタイトルに「前編」とか余計な文句を入れたがために、今回は「後編」と記すに至ったが、当然「最終回」にはほど遠い進捗状況である。 ✽✽✽✽✽ まずひとつクリアした点。 …

続・大規模断捨離への道〜前編〜

いつのことだっただろう。我が家で大規模断捨離を実施しているとこのブログに記したのは。 あのときは、父親が残していた仕事関係の書類(私が生まれる前のものまであった)をひたすら素手&ハサミで裁断していく作業で一旦終了とした。 yoshi-mi.hatenablog…

すがる思いでラジオを再生させた。

自分でも予想外のメンタル具合に、戸惑っている。 戸惑っている内容としては、前々回に記した「昼休み問題」が端を発しているのだろう。 yoshi-mi.hatenablog.com それがどんどん膨らみ、ついに今日は部屋の中にいられなくなった。 休み時間ロビーにあるソフ…

ちょっとした冒険を。

梅雨が来たと思ったのも束の間、猛ダッシュで過ぎ去っていった。 本日梅雨明けですって。(関東) 晴れの日の方が好きだしメンタルも落ち着くけれど、そんなに猛ダッシュで去られるとは予想外で、置いてけぼりをくらったようにポカンとしてしまった昼休み。 …

17才から27才までの10年、36才から来年37才になる私。

昼間にこんなことをつぶやいた。 学校も会社も昼休みが苦手だった。福祉作業所に通っている今も。今日も耐えられなくて、radikoをインストールした。職員さんの笑い声を聞いてると、急に現在が空虚になる。#燃え殻 さんのラジオ(J-WAVE)を聴いてる。タイ…

鬱々から始まった6月。

頭が痛いのか眼球の奥が痛いのか。首が痛いのは確定していたが、頭がどんより重たい状態で始まった6月。 相変わらず疲労感は、まったく抜けず。 朝はアラームを切ったのを自覚した上で二度寝する始末。 関東は6/6(月)に梅雨入りをし、生理周期と重なった…

お疲れさま、5月。

今月はGWがあった。 確かにあった。 記憶がもう薄いっていうか、そんなにGWを満喫したい欲に鼻息を荒くするほど多忙な毎日を過ごしていないから、平日と等しかっただけなのだが。 そんな世のメインイベントGWがあった、5月が終わる。 打ち込んでいて、急に今…

耳がダンボになる瞬間。

面談をしていた。 今週月曜のことだ。 向かいに座るのは、生活支援センターの担当者さん。新型コロナの感染対策のため、ドアが開け放たれたスタイルで毎回面談は行われる。 たとえば最近は、家を出てひとり暮らしをするための相談に面談の時間をほぼ費やして…

ひとつ手に取った世界から、好奇心は枝分かれしていく。

5月だ。 GWが明けたその途端、梅雨入りしたかのような天候。一週間の天気予報には雨マークが連続している。 B型事業所への通所と趣味に時間を費やす日々。鬱々する朝もある。希死念慮に襲われる夜もある。突如として空虚さを覚え、布団を被り寝逃げする昼も…

4月、終わる。

書けるエピソードがたくさんあったような気がする4月。 しかし、いざ振り返って書こうとすると頭が真っ白になる。 事業所へ通い、眠り、絵を描き、眠り、刺繍でピアスを作り、眠り、猫動画を観て眠る。 だいたい毎日がそんな感じなので、さしてエピソードな…

私は特別変わらぬまま、ただ流れに身を任せている。

周りの景色は、すっかり緑が色濃くなった。 立ち止まり桜を眺めていた人たちは、どんな日常へ戻っていったのだろう。 学校や職場で新しい生活が始まった人たちは疲弊が溜まり、ゴールデンウィークを楽しみにする一方で休み明けを恐れているのではないだろう…

4月9日。

本日4月9日は、ステファニー(愛猫)の命日。 亡くなって2年経つ。 昨年は、ステファニーが亡くなる前にベランダで抱っこをし一緒に桜を眺めたことを思い出していた。 yoshi-mi.hatenablog.com 今年は……ごく普通に過ごしたなあ。 お線香をあげ手を合わせは…

4月1日。

昨年の桜を覚えている。 はらはら花びらが散っている風景を、動画にも残していた。 満開になったかと思えば、あっという間に散ってしまう。 風や雨が降れば、予想よりはるか早くに見頃は過ぎてしまう。 それを「儚い」と感じるか、緑が色濃くなっていく姿を…

子宮には戻れない。

2月にカウンセリングをキャンセルして以降、新しい予約を入れていない。 そのちょっとした経緯はコチラ(⬇)に記した。yoshi-mi.hatenablog.com 治療をしたい、生まれつきあるかのような不安感を払拭したい気持ちはもちろんある。 しかしそれ以上にただ話を…

「大丈夫」

通所している就労継続支援B型事業所を、2月より半日から1日滞在に変更した直後に家族が新型コロナに感染し、そこから更に家族全員が陽性になる事態が起きた。 結局2月は、2日間しか通所していない。 自宅療養している間に、体力だけでなく人と接する免疫をも…

平穏な1日。

今朝は事業所へ行く途中、ご主人と散歩をしている猫を見かけた。 ああやって毎日散歩しているのかな。 まだ寒いけど、晴れの日は気持ちがいいね。 帰りにはサビ猫を見た。 よく見かけるコだ。 会えると嬉しい。首輪をしているから、飼い猫なんだろう。でも近…

「ものづくり」との縁が、ここで巡ってくるとは思わなかった。

ブログ内に時折、自分で描いた絵をアップしていた。 最近インスタグラムを始めたため、絵はそちらにアップするようにしている。 https://www.instagram.com/yoshi_mi24 集中する時間が気持ちいい。 しかし、「自分の時間」を確保することに罪悪感があった。…

これまでに読んだ小林エリコさんの書籍。

小林エリコさんの存在を知ったのは、Eテレで平日の夜8時から放送されている「ハートネットTV」だった。 過酷な労働環境からうつ病になり、自殺未遂をするほど追い詰められたり生活保護を受ける日々を送っていたこともある。 そういった情報を放送から私は得…

私はただ、聞いてほしかったんだ。

新型コロナウイルスの濃厚接触者になった翌日には、心療内科の診察とカウンセリングをキャンセルした。 クリニックと薬局の双方へ連絡をとり、非接触になるように「電話診療」&「処方薬郵送」という形を快く受けてくださったクリニックと薬局に感謝していま…

続・コロナカオスの渦中にいる。

この度、新型コロナウイルスの検査にて「陽性」であることが判明しました。 でしょうね、という感覚……。詳細は、ひとつ前の記事にて⬇yoshi-mi.hatenablog.com 高熱や息苦しさなどの症状がないためいたって元気なのですが、命にかかわるほど重篤な症状が出る…

コロナカオスの渦中にいる。

今月家族Aが新型コロナに感染した。 ついに我が家の玄関を、コロナウイルスが跨いで来てしまったわけである。 家族が同居している場合、家庭内感染を避けるために家の中で各々隔離生活するのが望ましいのだが、そんなん完璧にできるわけがなかろうもん。 そ…

Born

36年生きてきました。 . 生きることは楽しいです。 生きることは苦しいです。 どちらかが極端に偏るとしんどいですが、あらゆる出来事から得た経験や感情を編み込んでいくような作業の連続が日常にはあります。 . 身体のどこかが痛むとき、じんじんと脈打つ…