みちてる、みちてた。

ここにいるのにここがどこだかわからなくなるから、書き留めています。Twitter→(@yoshi_mi24)

ねえ、こっちも見て。

ワタシたち あなたの 足もとにいるんだよ。

はじめて文学フリマ(東京)へ。

行ってきました。 電車を乗り継ぎモノレールにまで乗っちゃって、11/23(火)の祝日にはじめて「文学フリマ」(【会場】東京・流通センター)へ足を運びました。 bunfree.net びっくりした。自分でもまさか行けると思っていなかったから。行きたい気持ちはあ…

先生、

ツライとき。どうにかなりそうなとき。心の中で「先生、先生、先生…」ってつぶやいてる。思い浮かべる特定の先生がいるわけではなく、先生に助けを求めてる。学校の先生から可愛がられる生徒だったらよかったのに。そんな未練がある。35にもなって。嫌だな。…

父が持っていたゴッホの画集は謎のまま。

父が亡くなったのは日付をまたぐ前の23時台だった。 同日の昼には、代わる代わる病室に親戚が訪れていた。そのうちのひとりが、「あなたのお父さん、絵が好きだったわよね」と私の目を見て言ってきた。 ──父が絵を? 初耳だった。まったくの初耳で、どう返…

目線を下げて、秋。

映画「ボクたちはみんな大人になれなかった」を観てきました。

燃え殻さんの私小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』。 映像化された同作品は、11/5(金)からNetflixで配信&劇場上映がスタートしている。 www.bokutachiha.jp 2017年。読んでいるそばからハートを、記憶を、射貫かれていた私はこの作品が好きだ。…

10月31日。

11月に入り風がピタリと止まった。 都会から微かに届くざわめきや色めきたつ声が、遠のいていくようだった。***** 10月31日。 衆議院選挙の投票へ行き、夜になれば開票速報であふれるニュース画面を自分もぼんやり眺めているのだろうと想像していた。夕…

無題。

好きなこと。 夢中になっていること。 「自己表現」とか「自己肯定感」とか。 ただただ楽しいときを、わざわざややこしい言葉に変換して生きようとはしていない。

シモの話で恐縮ですが……

ここのところ、お腹の調子がよかった。 衝撃的だった。喜ぶのを忘れるほど衝撃的だった。なんせかれこれ人生の半分以上は緩いまま過ごしてきたのだから、衝撃的以外の何ものでもない。 なぜ調子が良くなったのか、思い当たる節はあった。実は先月から、自己…

気持ちの切り替えが下手なだけ。

今週、はじめて工賃をいただいた。先月分の工賃だ。 就労継続支援B型事業所へ正式に通所が決まったのは、9月の終わりごろ。週に数回、しかもまるまる1日事業所で過ごすだけの自信がまだない私は、午前中のみで帰宅している。そのため、いただけた工賃は300円…

これは人生。

勝ち、負け。 若年、老年。 裕福、貧困。 とかではなく、 これは人生なのです。 これは人生なのです。 始まれば終わりはあれど、 始まったら止められない。 人生なのです。

3枚。【イラスト】

①「少女の尾ひれ」 ②「頭の中」 ③「涙花」 ✽影が映らない位置で、写真を真っ直ぐに撮るの下手すぎる💦

涙テイスト

朝は小雨が降っていた。 それが午後は嘘みたいに晴れてきて。 ほんのちょっと散歩に出かけた。 青空を見ると、 (今日は)いい天気だから 余計に切なくなるんだ って歌詞を思い出し、歌詞通り切なくなる。 HKT48の「桜、みんなで食べた」。 好きなんだ。 実…

受け入れてもらえる場所。

こんにちは。 前回の記事を更新してから、2週間ちょっと日にちが空いてしまった。 以前このブログにも書いた、見学&体験をさせてもらった就労継続支援B型事業所。 そちらへの通所手続きを一通り終え、今回正式に利用する運びとなった。yoshi-mi.hatenablog.…

夏のような日差しに、プールサイドの少女が脳裏に浮かぶ。

9月も下旬に入る。 吹く風の心地よさや、それに運ばれてくる金木犀の香りに季節の移ろいを体感していたかと思えば、額に汗かく夏の日差しが戻ってきた。 玄関の外、頭にキャップをかぶせ何気なしに空を見上げたとき、プールサイドで真夏の太陽を背にこちらを…

もう死ぬしかない、なんてことはない。

こんばんは。 昨夜まで「もう死ぬしかない」と追いつめられていたのに、翌日には「こんばんは」を言えてしまうこの気の変わりよう。ねえ、どう思います? ***** なぜ「もう死ぬしかない」と追いつめられていたかといえば、現在抱えている問題を一つひと…

秋空の下、てくてく。

うんと背伸びして、そのうえ手も伸ばしてパシャッ。下から眺めたら、太陽も一緒に写ってくれた。なんて小さく繊細なの。かわいい。気に入っちゃって2枚載せる。こんにちは!って挨拶したくなる。花火みたい。実り。トトロが傘にしてた葉っぱかな。以上、秋空…

体感。

眠った10秒後に朝がやって来る。 振り返る1秒の間に20年前の記憶が鼻の先まで降りてくる。 そんな体感。 とても苦しい。

ヤモリ爆誕の夜。

出るんです。 以前からヤモリが。 たまに我が家の壁に。 で、9/7(火)の夜。 不意に廊下の壁に視線を向けると、いた。なんとも小ぶりで可愛らしいヤモリがいた。 家の中にヤモリ出現。おいでやす。小さくてかわいいのぉ(´ε` ) #ヤモリ pic.twitter.com/cl…

ノートに書き残すのは「知りたくて、取り入れたくて、活かしたいから」内側に。

書くことが好き。字は汚いし、要点は絞れないし、呆れるほど時間がかかるけれど。 主に本の内容を書き残したくなる。 勉強をしてこなかったこと、学歴・学力コンプレックス、また「忘れやすい」と「覚えられない」を発動しやすい性質に劣等感がある。だから…

顔を近づける。

しゃがんで顔を近づける。 「周りにいっぱい仲間がいるね」 持ってた傘を股に挟み、そっと顔を近づける。 「蜜を吸ってるの?」 荷物を置いて、軽く息を止め近づいていく。 覗き込むように顔を寄せ、仕草を眺める。 「羽をスリスリさせてるね。あなたも蜜を…

神棚(仮)にある2冊。

我が家の神棚(仮)には、本が添えられている。北大路公子さんのエッセイ『流されるにもホドがある』と浅生鴨さんの小説『猫たちの色メガネ』の2冊だ。 2冊とも私が購入した本であり、神棚(仮)に添えたのは母である。 ***** 昨年入院・手術をして以…

事業所見学&体験してきました。

先月の7月、第2週目。就労継続支援B型事業所へ見学に行った。 今年の春頃に生活・金銭面での不安がぐわっと襲いかかってきたのを、心理士さんに相談したことにより「事業所見学」の話が浮上したのである。これを機に、小学生のころから家庭内の金銭問題でメ…

続く自粛生活に『あんぱんジャムパンクリームパン』を読む。

今日は『あんぱんジャムパンクリームパン 女三人モヤモヤ日記』を読んでいました。 昨年から新型コロナウイルス感染拡大により始まった自粛生活と誰もがはじめて経験した「緊急事態宣言」。不安や迷い、新たな生活スタイルへの戸惑いなどを青山ゆみこさん・…

懲りずに。【イラスト】

①筥崎宮の鳥居 福岡県にある筥崎宮の鳥居を描きました。公式Twitterでアップしてくださっている写真が、いつも美しいのです。 こちらのツイートにあがっていた写真を参考に描きました⬇(画力については後ほど触れますので、しばしお待ちを……) 間もなく日の…

ファイザー製ワクチンを2回接種してきました。

新型コロナのワクチン接種を無事に2回とも済ませてきた。 ★1回目→7/14(水) ★2回目→8/4(水) 左腕に接種。 ★ワクチンはファイザー製。 かかりつけのクリニックで打ってもらったので、個別接種というやつです。なぜか我が地域では私が普段通っているクリニ…

『その落とし物は誰かの形見かもしれない』/せきしろ(2021.7.30)

どんな道にも落とし物はある。 「ああ、誰かが落としたんだなあ」 胸の内で一言つぶやき、大抵はスルーしてしまう。落とし物の代表選手と言ってもいいあの軍手が、なぜに「代表選手」にまで成り上がったのかサクセスストーリーが気になると思いつつも目の前…

竹林にて。

迷い込んでみる?

眠れない夜の声。〜病室編〜

眠れない夜を思い出す。 入院していた時期のこと。あれはちょうど昼の検温時、看護師に下血を打ち明けた日の夜だった。その後で主治医に「絶対安静」を言い渡され、私の身体はどうなっちゃうんだろう……と不安で不安で目を閉じれなかったのだ。 ✽入院中に下血…

雨は止み、散歩。

梅雨の名残り、とか思っていませんか。 ワタシたちはまだまだ。 ここから始まるのだと忘れないで。 空が狭いと言うなら、広く見えるところまでおいで。