みちてる、みちてた。

ここにいるのにここがどこだかわからなくなるから、書き留めています。Twitter→(@yoshi_mi24)

エッセイ(記憶のエアポート)

リフレインする「大丈夫」。〜記憶のエアポート〜

1998年のエアポート 父の運転する車が向かうのは、羽田空港。 11月の早朝。夜明けはまだ遠く、頭上には黒々とした空が広がっている。しんと静まりかえった空気に満ちた街中は、時間が動き出す前の世界のようにすべてが止まって見えた。 走行する車の振動、…

くもの上の青。〜記憶のエアポート〜

1993年のエアポート 空港へ向かう。飛行機に乗る。それはつまり、これから誰かとの別れを経験する旅の始まり。 こどもながらに感じていた、1993年──。当時7歳。人見知りが激しいだけに親戚との対面を楽しみだとは思えなかったが、帰りは決まって寂しくなる…