みちてる、みちてた。

ここにいるのにここがどこだかわからなくなるから、書き留めています。Twitter→(@yoshi_mi24)

胸を詰まらせている一人ひとりに、春よ来い。

f:id:yoshimi24h:20201217151022p:plain

 

 

 満開だった桜も徐々に緑が目立つようになってきました。

 ベランダの窓を開けると、風に吹かれた花びらがふわぁ〜っと部屋の中へ舞い込んできます。

 

 肺いっぱいに空気を吸い込みたい季節。

 花を見つけるためにふらふら散歩をしたい季節。

 

 新年度の始まりは、新しい世界へ羽ばたく決意を胸に心躍りつつも慣れない環境に不安を抱きやすい時期ですよね。

 それだけでも精一杯なのに、毎日見えない敵が迫ってくる恐怖との葛藤をも余儀なくされている世状……。心の健康だって大事にしたいよ、という本音を胃の奥に押し込んでいる方も多いことでしょう。

 

 生活面のどこかひとつにでも安心材料を手にできれば、くだらなさを笑える小さな余裕も生まれるだろうに、と思ったりしているハナです。

 

*****

 

 新型コロナウイルスの影響で、通っている心療内科の診察時間が2月から短縮されています。きっと、今はどこの医療機関も対策に追われていますよね。

 

 私は昨年の秋に心理検査を受けたい旨を心療内科の主治医に伝えました。今年1月に検査を受けて、結果が出たのが2月の終盤。(詳しくは下記の記事をご覧ください↓)

 

yoshi-mi.hatenablog.com

 

「3月からカウンセリングを受けよう!」

 そんな計画を立てていたのですが、3月は家のことでかなりバタバタしていたのと深い悲しみに襲われたりしていたのとで、落ち着かない毎日でした。

 

「一息つける目処がたったら予約だ、予約!」

 そう言い聞かせて、やっとこさカウンセリングに時間を割けそうな状態になったと思ったら……東京の感染者数が急増し始めたっ!

 

 基礎疾患があるので2月の時点で外出の際はビクビクしていたんですが、更に外出に対しては神経質さが増しました。。。

 

 長時間密室で心理士さんと対面するカウンセリングには、主治医も消極的な印象。

 カウンセリングのために外へ出るのがストレスになったら元も子もないので、新型コロナウイルスの問題に光が見えてきたらまた検討してみよう、と今回は見送ることに決めたのです。

 

*****

 

 というわけで、今後どうしていくかを思案していたこの頃。

 

 そうした中で、

 

今週、本を一冊買おう。
いつもお世話になっている図書館は閉館中。せっかくだから買ってみよう!と考えると尋常じゃなく迷うね。
だけど、すごくわくわくするね。

小説、エッセイ、詩、ノンフィクション、占い…HSPに関する本もじっくり読みたいな。

図書カードが降ってきてほしい(笑)

 

 先日こんなつぶやきをしたんですけどぉ……

 

 おいおい、つぶやいただけかよ。

 有言実行してないだろ、お前!?

 

とは自分自身で何度も突っ込んでいました(笑)

 

 

 一冊買おう。

 この制約にひどく悩みまして、

 

 

あっ、あっ、あぁぁぁぁぁっ!!!(;´Д`)

 

 

 と読みたい本を紙に列挙している最中に発狂しそうになりました。

 かと言って、何冊も買う余裕がありません。

 

 図書館がどれだけありがたい施設だったのか。再開された際には、お辞儀をして入館させていただきますm(__)m

 

 悩みに悩んで迷いに迷って、、、

 先日購入したのは、岡田尊司さんの『過敏で傷つきやすい人たち HSPの真実と克服への道』です。

 

 

 

過敏で傷つきやすい人たち (幻冬舎新書)

過敏で傷つきやすい人たち (幻冬舎新書)

  • 作者:岡田 尊司
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 新書
 

 

 

 せっかくなら、発達障害HSPについてよく知りたかったのです。

 専門書は数えきれないほど出版されていると思うのですが、岡田さんの新書の目次を見て「これがいい!」と直感しました。

 

 まだ読んでいる途中ですが、個人的には途中までの時点でもかなり満足しています。

 自分が持つ過敏性がどのタイプに当てはまるのか、本書にしたがってチェックすることで社会適応度や生きづらさがより詳細に浮かび上がってくるからです。

 

 第1〜7章まであるうちの第4章では、発達障害にも触れられているので熟読したいと思います。

 

 大野裕さんの『はじめての認知療法』という本も気になったのですが、月に一冊がギリギリ。来月また思う存分悩もう!

 

 

 

 小説やエッセイは、すでに手元にある作品を再読していこうかな♪

 でもさでもさ、好きな作家さんや気になる作家さんの新刊をさ、「買いました!」って堂々と報告したいものだよね。

 

*****

 

 本を読んで感心したり、お笑い番組を観て笑ったり。

 その時々は楽しいけれど、やっぱり悶々とする日々は続きます。

 

 行き場のない感情に胸が詰りそうになっている瞬間、きっとどこかで同じように胸を詰まらせている人がいる。胸を詰まらせながら闘病している人もいるし、目の前の作業に追われている人、命がけで出勤していく人、SOSを出しているのにキャッチしてもらえない人、もう疲れ果てて気力が残っていない人……。

 

 数ヵ月前とはガラッと様子が変わってしまったから何もかもが新型コロナウイルスの問題に見えてしまいがちだけれど、それ以前から悲鳴を上げていた人たちもいるんだってことを忘れそうになるから怖いです。

 

 

 来年の春は、ゆったりほのぼのと桜を眺めていられるように。

 そのために「感染しない、感染させない」と同時に協力できることってなんだろう。たぶんこの瞬間に、きっとどこかで同じように頭をひねっている人がいるのでしょうね。