みちてる、みちてた。

ここにいるのにここがどこだかわからなくなるから、書き留めています。Twitter→(@yoshi_mi24)

正しさを守るのか、跳ね返すのか。

 

 

 あれを言ってはいけない

 これをやってはいけない。

 思うことすら罪である。

 

 長い期間をかけて形成され熟成してきた思考回路に、新しい回路を繋ぐのは難しい。これまで知り得なかった価値観を目にしたとき一時の解放感を味わうけれど、あとから必ず自己嫌悪が襲ってくるからね。その“自己嫌悪”に侵されることこそが正しいと考えるのか、跳ね返すことで新たな回路を突っ走るのかで日常は変わってくのだろう。

 

 回路を繋ぐ繋がないの問題じゃなくて、案外突っ走ってみれば道は作られていくものなのかもしれない。

 

 まだ跳ね返す勢いを私は持てない。自己嫌悪に勝てない。潰されてしまう。

 だけど何かがふわっと頭をかすめる。自己嫌悪へ向かう前に、「穏やか」になれたのはなぜだろう。ずっと欲しかった「穏やか」さ。こんなところにあったの!って、枕をめくったら失くし物が出てきたときのように笑いたくなった。

 

 まだ跳ね返す勢いを私は持てない。

 「穏やか」になんてなっていいのか、疑いが拭えないから。けれど笑いたくなるほど無邪気に「穏やか」さを受け止められたのは事実だから。覚えておきたい。

 

 そういえばもうすぐ。迫っとる!(笑)⬇

yoshi-mi.hatenablog.com