みちてる、みちてた。

ここにいるのにここがどこだかわからなくなるから、書き留めています。Twitter→(@yoshi_mi24)

生きることにすがりついていたい。

 

 こんばんは。

 夜になってようやく元気が出てきたハナと申します。

 

 この1ヶ月ずーっと同じことをウダウダ悩んでいました。いや、現在進行形だ。悩んでいるのです。

 簡潔に言えば、金銭面の問題なんですけどね。そういう星に生まれたんかな。金銭面で悩み倒す星の下に……ってくらい、かつてから悩みの種ではあったのです。

 「かつて」に関しては、主要人物が父親になるのでいつか『月末恐怖症(仮)』として『父と借金編』『父なんでもリボ払い編』の2編をお届けするとともにいずれ愚痴を垂れ流したい所存です。

 

✽関連記事⬇

yoshi-mi.hatenablog.com

 

*****

 

 っていう企みはいまは頭の片隅に置いておくとして、、、

 現在の生活をどうすっぺ!?

 問題にゆれています。

 

 カウンセリングを受けていく中で、週に何回か通えるような場所または施設を紹介してもらい、人との交流に慣れつつ仕事を探していくといった流れを理想としていました。

 

 流れを重視するだけ時間や金銭面に余裕があったのかと言われれば正直なかったのですが、これまでに経験したうつ状態と今回のうつ状態はなんだか違う……。以前ならばちょっと元気になればすぐに就活を始める、良い悪いどちらの意味も含んだ前のめりさがあったのに、今回はまったくそれがありません。

 

 エンジンがかからない。かけたくないのかも。もうかけるのが怖いからでもあるし、かけてなんの意味があるのかわからないからでもあるのかな。

 

 虚しさが先回りします、何事も。かといって「何もしたくない、はやく消えたい」は本音である反面大きな嘘なんですよね。消えるタイミングならいくらでもあったのだから。

 

 ただただ消えいだけなら、ブログなんて書かない。日々を書き留めておこうとかそんな七面倒な作業はしないはず。

 生きることにすがりついていたいから更新せずにはいられなくて、受け入れられないおのれの顔が幾面も存在するから投稿するかを迷う文章があったりするのです。

 カウンセリングを受けるのも、心療内科を受診するのも、憂鬱だ憂鬱だって言いながらしっかり難病外来に通うのも、すがりついていたいからだよね?(自問自答タイム)

 

*****

 

 ──じゃあ、そのすがりついていたいわけはなんだろう。

 

 一つひとつ、自問自答してみてください。

 浮かび上がっているのに喉につっかえている思いを、本心を、言葉を、感情を、なかったものにしてしまえば、また同じ段差で躓くんですから、あなたは。

 

 先日のブログに、カウンセリングを担当してくださっている心理士さんとは違う心理士さんと面談することになるかも、と書きました。

 

yoshi-mi.hatenablog.com

 

 その後、面談の日が決まりました。

 今日ここに書いたそのままを伝えてもいいのかもしれない。

 私は生きることにまだすがりついていたいんです、と。