みちてる、みちてた。

ここにいるのにここがどこだかわからなくなるから、書き留めています。Twitter→(@yoshi_mi24)

黒猫の「気品」。

 

 散歩中、塀の上に座る黒猫に出会った。

 やったやった、黒猫ちゃんだラッキー♪ とスマホのレンズを向けていると背後から、「わたしも写真撮りたい」と小さな女の子の声が聞こえてきた。

 だよね。撮りたくなるよね。いいよいいよ、立ち位置なら譲るよ〜♡と口許を緩めながら目線の高さに掲げていたスマホを下ろしたとき、衝撃の一言が耳に入る。

 

「いや、でも、黒猫だから……」

 

 一瞬なんのことやらわからなかった。

 しかし、なんか振り返ったらすごく傷つきそうな予感がしてその場で私は固まってしまった。

 

 黒猫、だから。黒猫、だから。黒猫、だから──なんやの!?

 

 背後をスーッとふたりのシルエットが遠ざかっていく。

 「黒猫だから」と言い残して言ったのは、女の子の母親だった。

 

「黒猫だから、写真に写りづらいんじゃないかな」

 みたいなことを言いたかったのかしら。

 それとも、、、

「黒猫だから、不吉だよ」

 みたいなことを言いたかったのかしら。

 

 真相は謎だが、後者でないことを祈る!

 

 もしも万が一後者だとしたら、黒猫の魅力を伝えたい。

 あの黒々とした艶のある毛並み。上品だと思いませんか。気品があふれているとは思いませんか。

 そんな気持ちが抑えきれぬあまり、鉛筆を手に取りました。そして出来上がった絵がこちらです。


f:id:yoshimi24h:20210426212311j:image

 

 肝心な黒猫よりも「気品」を全面に押し出したセンスのなさにより、逆に黒猫の良さをかき消してしまっているのでは……と不安にならないでもないですが、黒猫に苦手意識がある人へ魅力が伝わることを願うばかりです。