みちてる、みちてた。

ここにいるのにここがどこだかわからなくなるから、書き留めています。Twitter→(@yoshi_mi24)

おやすみなさい

 

こんばんは。

「ねえ、こんばんは」

 

聞こえますか?

こんばんは。

 

妙なことを考えたりするんです。

寝る前の真っ暗な部屋、布団に入った状態で目を瞑り意識を家の外に向けてね。

 

夜空を飛ぶんです。

飛んで飛んで、飛ぶんです。

屋根よりも高い位置で、飛ぶんです。

 

地理は弱いけど、病院のある場所はなんとなくわかります。かつて私も入院したことのある病院だから。眠れない夜を病室で過ごす心細さが窓の隙間から漏れてくる。窓に手を当てて「おやすみなさい」って念じたら、再び夜空を飛ぶんです。

 

夜の子どもたちが寝たフリをしながら、思考をぐるぐる巡らせているのを知っていますか。

 

家々の窓のカーテンの隙間から、影がもぞもぞ動いている気配が感じられます。

 

ある子は朝に怯えているし、ある子は枕元のスマホが鳴るのを恐れているし、ある子は昨日などなかったことにしようと泣いている。

それぞれが悲しい色に包まれた夜を乗り越えるために、下唇を噛み締めて。誰にも気づかれてはなるまいと、眉間にしわを寄せてうずくまっている。

 


f:id:yoshimi24h:20210503001846j:image

 

「おやすみなさい」

聞こえてますか?

 

ううん、聞こえていなくても構わないんだけどね。

どうか目覚めたあなたに、「おはよう」と笑いかけてくれるお友だちがあらわれてくれたらそれでいいのです。

 

ねえ、こんばんは。

おやすみなさい。

今夜はゆっくりおやすみなさい。