みちてる、みちてた。

ここにいるのにここがどこだかわからなくなるから、書き留めています。Twitter→(@yoshi_mi24)

続・大規模断捨離への道〜前編〜

 

 いつのことだっただろう。我が家で大規模断捨離を実施しているとこのブログに記したのは。

 あのときは、父親が残していた仕事関係の書類(私が生まれる前のものまであった)をひたすら素手&ハサミで裁断していく作業で一旦終了とした。

 

 

yoshi-mi.hatenablog.com

⬆確認したら、昨年の秋だった。今年のはじめくらいまでやっていたような気がしたのに、記憶力がいい加減だった😥

 

 書類だけでも十分大量なゴミを処分したのだが、なんということでしょう。まったく部屋の中が片づいて見えないのです。笑

 

*****

 

 しかしこの度、再び我が家に大規模断捨離への追い風が吹いたのである。

 

 現在グループホームへの入居を考えている私の元へ、「入居者募集」を案内する知らせが先日届いた。空きが出るのは一室。正直、入居を希望する人は多いと思う。だから申し込みをしたからと言って、確実に入れるわけではない。

 

 ちなみにグループホームには「通過型」「滞在型」のふたつがある。

 読んで字のごとくだが、「通過型」は2~3年で退去しなければならず、「滞在型」はそこでトラブルを起こし退去させられるか、自ら出ていきたいと思わない限りここで生活してOKといった感じだ。ざっくり言うと。

 

 私が入居希望しているのは「通過型」(っていうかそもそも地元にはそこしかアパート型のグループホームがないのよ涙)なので、必ずどの時期かで空きが出る。今回申し込まなくとも、来年再び入居申し込みの機会は巡ってくるであろう。

 

 支援者さんも、「このタイミングでいいのか」という言葉を何度か助言として口にしてくださった。

 

 迷う。実に迷うが、申し込みから入居決定までのスケジュールを眺め閃いたことがひとつ。

 

 我が家の断捨離を再開しよう!

 

 気になって気になって仕方のない狭い我が家にある無駄にでかい家具や物が多い問題を、自分がグループホームに入居する前にはなんとか処理したいと考えていた。考えてはいても、ひとりで判断しポイポイしていくわけにはいかない問題も立ちはだかっていたのが現実だった。

 

 が、「入居者募集」案内のチラシを見て、本格的な断捨離はいつやるの? 今でしょ! と思い立った私は、早速母とあれこれ相談し、まず即行で決まったのは未使用でセット品として長年保管されていた食器類を買い取ってもらうことだった。具体的な日にちも決まった。こんなにスムーズに進む話を、なぜ長年放置していたかの方が謎なくらい即行で決まった。

 

 それだけでも、いくらか身が軽くなった気分だ。

 あとは、大きな家具問題。これは、支援者の方とも相談して処分してもらえる業者を探そうと思う。

 

 ポイポイ捨てられるものは、迷わず捨てていく。寄付したり他にも買い取ってもらえるものもあるかもしれない。

 

 しかし先週の金曜日、我が家の一番狭い部屋に鎮座するタンスの中を確認している最中、思わず手が止まってしまった……。

 

*****

 

 ここから先は、話が長くなりそうだ。

 後編へつづく。